Bitcoin裁定取引について

Bitcoin裁定取引(Arbitrage)方法や内容などについて

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。 サヤ取り(鞘取り)ともいう。
wikipedia : 裁定取引からの引用。

abitra.netでは日本の各bitcoin取引所で生じる価格差を利用して裁定取引(アービトラージ)を行っています。
将来はベイジアンネットワークなど統計を利用して取引を行う計画も御座います。
アービトラージの一回辺りの価格差は小さいのですが、何千、何万回と取引を行う事で利益を出します。
又はSMBC日興証券の説明ですと"裁定取引は、機関投資家などが大きな資金でサヤ抜きを狙う手法として使われるのが一般的"との事です。

ビットコインのアービトラージのメリットなど

リスクが低い。
bitcoinの値が上がろうが下がろうが基本的に関係ありません。価格差が生じたタイミングで取引を行いますので。(正確にはbitcoinの値が下がると速度と売買の利益が追いつかない時などは問題です。)
思考通貨はJPYで考えています。

誰でも利益が出せる。
理論通りの取引が出来れば100パーセント近く利益が確定します。

ビットコインのアービトラージのデメリットなど

取引所リスク
取引所は私的サービスなので、いつ潰れたり無くなったりするか分かりません。

約定リスク
裁定取引は売り買いを同時に出すのですが、どちらか一方が約定しない可能性があります。

偏りリスク
特定の取引所に同じ注文の偏りが発生する場合があり、口座の資金などを常に管理する必要があります。

※正直メリットよりもリスクの方が多い取引手法であると考えております。

2015/11/20現在の自動アビトラプログラム条件など

  • 取引条件
    • 取引所間の価格差(差額)が100円以上生じた時
    • 指値で注文を行う。成行の方がリスクすないが取引所で手数料が発生する可能性があり利用しない
    • 特定の取引所に価格差が長期生じた時は取引の中止を行う
    • 同一価格の時は過去24時間取引量の多い方を優先する
    • 特定の取引所で障害が発生した時は他の取引所でも取引を停止
※他にも色々条件あり。

裁定取引(アービトラージ)にご興味ある人ご連絡下さいませ。情報交換しましょう。=>


日本のbitcoin取引所一覧


© Company 2015